オキニの扉 たまにオキラ

仕事をヤメテ主夫になりたいサラリーマンがお気に入りの情報を身勝手に発信する雑記ブログです。たま~に毒も吐きます^_^;

2018 02/24

残念!フィギュアスケート女子の結果

宮原・坂本両選手とも素晴らしかった!!

宮原選手は全くのノーミスで演技を終え結果は惜しくも4位でした
しかしSP・フリーともに自己ベストの得点で本人も納得のオリンピックだったんではないでしょうか
インタビューではメダルが欲しかったとコメントしてますが上位3人もベストな演技だったので仕方ないですね

怪我から復帰して練習時間も短かったと思いますし次回の北京に向けて加点をもらえるような練習をこなしていけばトップとの差はそれほどないと思います


坂本選手も最初の3回転フリップ+3回転トウループの成功で波に乗り3連続ジャンプなどを次々に決めていきましたが3回転ループだけ着地がうまく決まりませんでした

それでも初めてのオリンピックで6位入賞はお見事です
今回の経験を糧に4年後のメダルを期待しています

お二人とも最高の演技を見せてくれてありがとう!

感動しました!

男子の金・銀メダル獲得、女子の諦めないベストな演技の他にも今回のフィギュアスケートをみて感じたことを書いてみます


浅田真央さんはやはり偉大な選手だと思った


トリプルアクセルはどこいった?

男子では4回転が当たり前で羽生くんは4回転半を跳びたいと言ってたくらいジャンプは進化しているのに女子でトリプルアクセルを跳ぶ人がいないのはなぜ?

たぶん練習とかでは跳べるんだろうけどオリンピック本番では失敗を恐れてプログラムに入れてないんだろうなー

それを考えると浅田真央さんがバンクーバー・ソチと2大会連続でトリプルアクセルに挑戦し、そして女子史上初となる成功をおさめたのは本当にすごい事だったんだと今になって思います

僕は当時、アクセルにそんなに固執しなくても3回転ジャンプの精度を高めて挑めばいいのにと思ったことがありました
でも今回のオリンピックを見て考え違いをしていたと反省しました

浅田真央は偉大だった!
そして自分のこだわりを貫く真のアスリートだと再認識させられました

Trophée_Eric_Bompard_Mao_ASADA_09_FP_convert_20180224014946



得点重視でフィギュア本来の美しさは?


昨日の女子では金メダルがザギトワ、銀メダルがメドベージェワのロシア二人が獲得しました
確かに二人とも完ぺきな演技で魅了されたんですけど二人のフリーの得点が全く同じ点数!?

当然見る人によって感じ方は違うんでしょうけど・・・僕は見ていて「う~ん」とならざるをえません

ザギトワの演技は得点が1.1倍になる後半にジャンプを全て持ってきており前半はバランス・スピン・ステップのみという構成
演技を見ていてすごいなあとは思うけど感動や胸を打つような感情にはなりませんでした

最終滑走のメドベージェワは前半・後半共に見せ場があり何よりジャンプ以外の美しさ、表現力、曲とのシンクロなど単純に感動をおぼえる演技で「これは逆転したな」と思ったんですけどね~

男子でもこれを感じることがあって、それはアメリカのネイサン・チェンの演技を見たときでした
SPで失敗し17位と出遅れたネイサン・チェンはフリーで自己最高得点をたたき出し6位入賞の結果を残しました

Nathan_Chen_2017_Figure_Skating_Championships_R1b4-EXMDVxl_convert_20180224015333.jpg


でも・・・4回転ジャンプに6回挑み5回成功させたことは確かにすごいことで4年前の浅田選手と同じような展開で応援していたんですが何か違うなと

4回転以外にも連続ジャンプやアクセルジャンプをこれでもかと入れていて、これはフィギュアではなく別のジャンプ競技なのではと感じてしまいました

やはりフィギュアスケートはスピンやステップ・バランス・優雅さ・美しさに加えてジャンプの豪快さ・力強さが組み合わされて見る人を魅了するスポーツだと思うんです

確かにジャンプを多く跳んだり、後半に組み込んだりすると得点は上がるんでしょうけど・・・

今のルールでは仕方ないのかな?

人それぞれ感じ方は違うでしょうけど、ちょっと気になったので自分の思ったことを書いてみました

ではまた

にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村



スポンサーリンク

この記事と関連する記事

残念!フィギュアスケート女子の結果

(-)TB(-)

AFTER「オリンピックが終わってしまった

BEFORE「とり野菜みそ鍋作ってみた

Top