オキニの扉 たまにオキラ

仕事をヤメテ主夫になりたいサラリーマンがお気に入りの情報を身勝手に発信する雑記ブログです。たま~に毒も吐きます^_^;

2018 02/21

平昌オリンピック フィギュアスケート女子SP

日本選手の活躍で平昌オリンピックを見るのが毎日楽しみです

今日はフィギュアスケートの女子SPが行われ宮原知子選手と坂本花織選手が出場しました


坂本花織


20180221_1_convert_20180221155326.jpg

坂本選手は「月光」の曲に合わせて前半を優雅なスピン、ステップを披露し後半に3種類のジャンプを跳びました
トリプルフリップ+トリプルトゥループ、トリプルループ、ダブルアクセルのジャンプを次々に決めて笑顔のキス&クライとなりました

得点は自己ベストの73.18点(^-^)/

この時点でトップの得点で最終組の6人を待ちます。


坂本選手の略歴

神戸市立渚中学校を卒業、現在は神戸野田高等学校に在学中。三人姉妹の末っ子。

2003年のNHK連続テレビ小説『てるてる家族』で主人公の姉がフィギュアスケート選手だったのを見て興味を持ち、4歳でスケートを始めた

特技は水泳と長距離走。憧れの選手は鈴木明子で、ライバルとして同じく神戸市出身で1つ年上の三原舞依の名前を挙げている。性格は負けず嫌い、明るい、面白い。フィギュアスケート界では珍しい「お笑いキャラ」で、ボケとツッコミが激しく、誰かがボケたのをすぐに拾ってツッコむ
坂本花織-Wikipedia


普段のインタビューや特集などを見ていてもいつもニコニコと明るく受け答えしていて天性の明るさがキャラクターになっていますよね

団体のフリーでは緊張から本来の滑りが出来なかったようですけど今日は最高の演技になったんではないでしょうか

宮原知子


20180221_2_convert_20180221155301.jpg
宮原選手の曲は「SAYURI」
演技前半でトリプルルッツ+トリプルトゥループを決めて勢いに乗り後半のトリプルループ、ダブルアクセルにつなげました
スピン、ステップもレベル4を獲得
演技後は晴れやかな表情でキス&クライヘ
得点は自己ベストを更新する75.94点

団体SPで回転不足を取られて心配していた連続ジャンプもキッチリ修正していてフリーに期待の持てる演技でした


宮原選手の略歴

両親が医師という家庭に育った。両親の都合により、幼少期から7歳(小学2年生)までアメリカ合衆国テキサス州ヒューストンで生活していた。スケートを始めたのは4歳のとき。両親に『やってみる?』と言われて、滑ってみたら楽しかったから続けたとのこと。

性格は寡黙で引っ込み思案であるが、真面目で練習量も多く、黙々といつまでも練習するタイプである。学校が終わると毎日まっすぐにリンクに向かい練習する。そのため濱田美栄コーチから、今まで指導した選手の中で一番努力家であると評価されている。
宮原知子-Wikipedia




フリーへの期待


SP終了時点での順位は宮原選手4位、坂本選手5位
1位ザギトワ、2位メドベージェワのロシア二人とも世界最高得点を叩き出し別世界にいる感じです

3位のカナダ・オズモンドとは約3点差!

一つのミスで得点が大きく下がるフィギュアですがさすがに金は難しいかなぁ・・・
宮原、坂本の二人には何とかメダルを勝ち取っていただきたい!
可能性は十分にあると思います

フリーも応援しましょう!!

テレビ放映は23日(金) テレビ朝日系9:30~14:30で生中継です

滑走順
<第4グループ>
19:宮原知子(日本)
20:カロリーナ・コストナー(イタリア)
21:坂本花織(日本)
22:アリーナ・ザキトワ(個人資格(ロシア))
23:ケイトリン・オズモンド(カナダ)
24:エフゲーニャ・メドベージェワ(個人資格(ロシア))

にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

この記事と関連する記事

平昌オリンピック フィギュアスケート女子SP

(-)TB(-)

AFTER「平昌オリンピック 女子チームパシュートで金メダル!

BEFORE「プロフィール

Top