オキニの扉 たまにオキラ

仕事をヤメテ主夫になりたいサラリーマンがお気に入りの情報を身勝手に発信する雑記ブログです。たま~に毒も吐きます^_^;

2018 04/22

身長を伸ばす生活習慣 ③睡眠

一日の中で成長ホルモンが最も多く分泌される時間帯が睡眠中です。

睡眠中に特に多く分泌されるのは就寝後最初のノンレム睡眠(深い眠り)です。
睡眠中は約90分の周期でレム睡眠(浅い眠り)とノンレム睡眠を繰り返していて寝入って90分後の最初のノンレム睡眠が大切です。

今回は質の良い睡眠がとれるポイントを説明します。

質の良い睡眠のためには


成長ホルモンを活発に分泌させるためには寝つきを良くしてぐっすりと眠れる質の良い睡眠を得ることがポイントです。
baby-1151348_640_convert_20180410230032.jpg

そのためには寝る前から起床までの習慣を規則的に過ごすことです。
次の4つのポイントに注意して生活習慣を改善していきましょう。

①食事とお風呂は寝る1時間前~2時間前までに済ます。
②寝る前のスマホやパソコン、ゲームなどは控える
③部屋は真っ暗にして眠りにつく
④毎朝同じ時間に起床

食事とお風呂は1時間前~2時間前に済ます


自然な眠りに入るには寝る前の準備が必要です。

食事は2時間間までに済ませてお風呂も1時間前までには済ませましょう。
bathtub-1078865_1920_convert_20180422202731.jpg

食べ物を消化するには2時間くらいかかります。
寝る前に食べて消化しないまま寝てしまうと脂肪が蓄えられ成長ホルモンの分泌が妨げられるばかりでなく、肥満の原因となります。

どうしても食べる時間が遅くなったときには肉類や脂質の多いものを避けて消化の良いものを食べるようにしましょう。
うどんやラーメンなどの麺類、雑炊やスープなどがオススメです。

お風呂の入り方も質の良い睡眠を得るためには重要です。

人間の体は早い速度で体温が下がった場合に強い眠気をもよおすという仕組みがあります。
お風呂に入って上がった体温はしばらくすると早い速度で下がります。
体温が下がった時に床につくと自然な眠りに誘われて深い眠りにつくことが出来ます。

寝る直前に入って体温が下がらないまま布団に入ってしまうと布団によって保温され体温がゆっくりと下がってしまうため寝つきが悪くなる原因になります。

おすすめのお風呂の入り方は

・40℃位のぬるめのお湯にゆっくりと浸かる(シャワーだけはNG)
・入浴時間は15分から30分(短すぎると体温が上がらず長すぎるとお湯の温度が下がるため)
・入浴後はゆっくりと過ごし1時間後くらいに布団に入る

今まで食事の時間やお風呂の入り方を意識していなかった方も多いのではないでしょうか。
お風呂の入り方ひとつで睡眠の質が変わってきますので是非お試しください。

次回は睡眠についての後篇です。

スポンサーリンク

この記事と関連する記事

身長を伸ばす生活習慣 ③睡眠

スレッドテーマ : 子育て ジャンル : 育児

(-)TB(-)

AFTER「身長を伸ばす生活習慣 ③睡眠 (後編)

BEFORE「身長を伸ばす生活習慣 ②運動

Top