オキニの扉 たまにオキラ

仕事をヤメテ主夫になりたいサラリーマンがお気に入りの情報を身勝手に発信する雑記ブログです。たま~に毒も吐きます^_^;

2018 04/10

成長ホルモン

成長ホルモンとは


成長ホルモン(正式にはヒト成長ホルモン)は脳の下垂体から分泌されるホルモンです。
子供の時期だけでなく大人になってからも分泌されていますが加齢とともにその分泌量は減っていくようになります。

成長ホルモンはその名の通り人間の骨や筋肉を成長させるだけでなく血糖値を安定させたり代謝を促進したりと健康維持にも欠かせない存在です。

成長期に身長を伸ばすためにはこの成長ホルモンを活発に分泌させて骨を伸ばすことが必要不可欠です。

成長ホルモンの役割


成長ホルモンの主な役割には以下のようなことがあります。

・骨や筋肉の修復、再生し成長させる
・血糖値を一定に保つ
・カルシウム濃度を一定に保つ
・エネルギーが不足した時に脂肪の利用を促す

成長ホルモンが分泌される時間


baby-1151348_640_convert_20180410230032.jpg

成長ホルモンが多く分泌されるのは次のような時間帯です。

・睡眠中のノンレム睡眠時(特に入眠後1時間~3時間後)
・運動中と運動後30分
・血糖値の低下時
・お腹が空いているとき

※ノンレム睡眠・・・睡眠中は90分周期で浅い眠り(レム睡眠)と深い眠り(ノンレム睡眠)を繰り返していて成長ホルモンが活発に分泌されるのはノンレム睡眠時です。特に寝付いて最初のノンレム睡眠時には最も多く分泌されています。

身長を伸ばすには成長ホルモンが必要不可欠


身長が伸びるということは骨が伸びるということです。
骨が伸びる仕組みは骨の両端にある骨端軟骨(骨端線)が成長して骨が伸びていきます。

成長ホルモンはこの骨端軟骨に分裂、増殖を活発に促して骨を成長させる働きがあります。

成長期に身長を伸ばすには成長ホルモンを十分に分泌させることがとても重要です。
ではどうすれば成長ホルモンの分泌を促せるのでしょうか?

それは毎日の生活習慣に関わっています。

次回は成長ホルモンの分泌を促す生活習慣について説明します。

スポンサーリンク

この記事と関連する記事

成長ホルモン

スレッドテーマ : 子育て ジャンル : 育児

(-)TB(-)

AFTER「成長ホルモンの分泌を促す生活習慣

BEFORE「身長と遺伝の関係

Top